婚約指輪の相場はいくらなのか調べよう|予算に合わせて購入

幸福のリングの価値

ジュエリー

結婚指輪との違い

婚約指輪とは、エンゲージリングとも呼ばれ、婚約の証明として男性から女性に贈られるものです。その歴史は紀元前2世紀のローマにまで遡ると言われており、日本では明治時代に広まったとされています。婚約指輪は結婚指輪と違って、多くはキラキラした石が飾られているものになります。定番がダイヤモンドで、永遠の輝きの意味が込められています。プロポーズには欠かせない婚約指輪の気になる相場ですが、昔はよく給料の3ヶ月分が相場と言われていましたが、現在の全国平均だと33万円ほどで、指輪のデザインやブランドによっても変わります。ちなみに、結婚指輪の全国平均金額は22万円ほどですが、婚約指輪と結婚指輪は必要になる時期が近いものなので、予算を立てるうえでも知っておいた方が良いでしょう。

費用を抑える方法

婚約指輪の費用を、相場よりもできるだけ抑えたい場合には、どのような方法があるでしょうか。最近では、婚約指輪を手作りするカップルが増えています。相場より費用が安く済み、世界でたった一つのオリジナルの指輪を作ることができるなどの理由から、人気を集めています。婚約指輪を手作りできるお店は様々あるので、事前に調べて検討しましょう。手作りだと、出来上がるまでに時間と日数がかかるので、きちんと計画を立てて進めるようにします。その他には、母親から指輪を譲り受けるケースが考えられます。母から引き継がれる指輪ということに特別な価値があり、また、譲り受けた指輪にリフォームを施して、オリジナルの婚約指輪にする場合もあります。リフォームできるお店もたくさんあるので相談してみるのも良いです。

Copyright© 2016 婚約指輪の相場はいくらなのか調べよう|予算に合わせて購入 All Rights Reserved.